| ホーム |   | 掲示板

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  | Top↑

結納の服装ってどうすればいいの? 

ランキングGIF←まずはランキングをクリック。

*画像をクリックすると詳細が見れます。

←感動の秘密はコレ!!

【目次】←目次はこちら


結納では何を着たらいいのでしょう?

1)正式の場合

     【男性】  【女性】
  本人:モーニング  振袖
 ご両親:モーニング  留袖

   

2)略式の場合

     【男性】   【女性】
  本人:ダークスーツ  振袖、訪問着、ワンピース、スーツ
 ご両親:ダークスーツ  訪問着、色無地、付け下げ

    

上記は全て1~3万円程度でレンタルできます。
(画像をクリックしてください)

ただし、両家は合わせるのが常識です。
両家の服装を合わせるのはを合わせるためです。

結納は正式なご挨拶の儀式です。

振袖・留袖を持っていなければレンタルを利用しましょう。
一生に一度のことですし、また振袖を着る最後のチャンスでもあるので
親孝行という意味も込めてアッキーは振袖・留袖を薦めてます。

通常は新郎側に合わせるのですが、大きな出費ですし、
先方がコロコロと変えてはイライラします。

そのためには、服装を合わせようとしていることを相手にちゃんと伝えて、
両家で合わせるようにしましょう。

    :

と、ここまではプランナーや普通の人が言うこと。
アッキーのブログでは現実的にどうなの?って所を
深く掘り下げないと意味がない。

形式はあくまで形式
地方によっても異なりますし、
それが正しいと信じてらっしゃるご両親もいらっしゃいます。

ベストなのは新郎の両親に合わせること。
ここで「正式は○○です!!」、「私たちの地元では○○が常識です!!」と
自分の主張を押し通すよりも、新郎のご両親を立てて希望を聞いてあげましょう。
(実際、ここでケンカになり破断になったり、
結婚後、両家のお付き合いがなくなったケースも多くあります。)

ご両家の儀式なので、双方が満足すればそれでいいのです。
新郎のご両親の主張・意見・希望をしっかりと聞きましょう。


■質問・意見・要望・リンク切れの報告はこちらまで


名前
 

メールアドレス
 

件名
 

本文
 





スポンサーサイト
EDIT  |  10:10  |  1.婚約・結納・食事会  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。