| ホーム |   | 掲示板

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  | Top↑

お礼って、いつ?誰に?いくら? 

ランキングGIF←まずはランキングをクリック。

*画像をクリックすると詳細が見れます。


お礼って、いつ?誰に?いくら?
渡せばいいのでしょうか?

倹約してる結婚式なら
全くお礼を出さない人もいますが
せっかく準備してくれた方ぐらいは
気持ち程度つつむのが礼儀です。

特に今後お世話になる方に
ケチケチしてると
「常識の無い奴だ」
とお付き合いにヒビが入るかも?

渡すタイミングとしては
受付~披露宴の間に
新郎・新婦の両親(母親)がさりげなく。

二人のネーム入りの
こんなオシャレな祝儀袋を
渡されるとちょっと嬉しくなります。

   

誰に渡せばいいのか?
優先度は以下の通りです。

1)目上の方

 挨拶をしてくれた恩師、
 乾杯の音頭をお願いした上司等、
 目上の方には必ず
 「お車代」と書いて渡しましょう。

 目上の方ですから
 今後の付き合いも考えて
 1万円ぐらいが適当です。

   

2)遠方の方

 また、新幹線や飛行機を使って
 遠方からわざわざかけつけて
 いただいた方にも
 「お車代」と書いて渡しましょう。

 実費の半額~全額が適当です。

   

   

3)受付・余興

 受付や余興等、ご友人に依頼された場合も
 3000~5000円の「お礼」と書いて渡しましょう。
 受付は他の方よりも早く来なければならないし、
 余興もきっと準備や練習に
 時間やお金を費やしたはず。

   

4)お祝いだけくれた人

 披露宴には来れなかったけれど
 お祝いをいただくことがあります。
 「内祝い」と書いて半額を返しましょう。

5)スタッフ

 式場のスタッフ・司会・メイク
 着付け等、世話をしてくれた方に
 「幸せのおすそ分け」として
 3000円ほど「心づけ」と書いて渡します。

 個人的にはこれはいらないと思ってます。
 既に料金を払っており、きっとサービス料も
 とられているはずです。

 本当によくしてくれた人にだけ渡しましょう。


■質問・意見・要望はこちらまで


名前
 

メールアドレス
 

件名
 

本文
 






スポンサーサイト

テーマ : ウェディング - ジャンル : 結婚・家庭生活

EDIT  |  02:28  |  9.式当日はこうしろ!!  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。